バイクを一番クールに撮れるアングルは右サイド、ローアングルからだと思う

 

k

自分のバイクを最高にカッコよく写真に収めたい

ツーリングに出かけては自分のバイクを写真で撮っているやつ、たまに見かけますよね。それ、私です。

やっぱりバイク乗りって自分のバイクが好きで、綺麗な景色を見るとバイクと一緒に撮りたくなっちゃうんですよね。どこぞで自分のバイク撮ってるやつを見てもバカにしないでやってください。笑

さて、私は写真の知識があるわけではありません。でも、気に入った撮り方が幾つかあります。

  • バイクからかなり遠ざかって風景を大きく入れて撮る
  • ローアングル気味に撮る
  • 斜め左、斜め右後ろから、道や進行方向に見える景色とともに撮る

写真の例(4枚)

013

福井県エンゼルラインにツーリング!

017

能登半島ツーリング!

バイクをど迫力で取りたければ、右サイド、ローアングルから

最近の私のお気に入りアングルは、「右サイド、ローアングル」からです。

このアングルはバイクが一番カッコよく取れるアングルだと個人的に思います。バイクを写真に収める時はサイドスタンドをたてるため、バイクはやや左に傾きます。そのため、左からでは車体自身によって影になりちょっと暗くなってしまいがちです。

また、手前に傾いている印象になります。右サイドから撮ることでのびのびとしたバイクのど迫力写真を撮ることができます。

また、マフラーも片出しであれば、大抵が右サイドについていますし、右サイドがかっこいいと思います。

r6

右のローアングルから撮ると太くてたくましいリアタイヤが画面の大部分に写るのでさらに迫力が増します。

k

バイクに限らずローアングルは迫力がでます!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket